50代になると目が見えにくい・目がかすむことで悩んでいませんか?

50代になると目が見えにくい・目がかすむことで悩んでいませんか?

『50代になると目が見えにくい、目がかすむ・・・』このようなお悩みを抱えている人が多いと思います。

50大になると年齢のせいにしてしまいまガチ。

 

もちろん、加齢が原因のこともありますが100%加齢が原因ではありません。

もしかすると、それは病気の可能性があります。

 

この記事では、50代で目が見えなくない、目が霞む原因や対処法に付いてお伝えしていきます。

 

50代になったら急に・・・。

50代になると目が見えにくい・目がかすむことで悩んでいませんか?

50代になってから急に目が見えなくなって困っていませんか?

それだけでなく目が霞むなどの症状まで起こってしまい、日常生活を送るのが大変に・・・。

 

さらに、視野までせまくなってきてしまい外出するのも億劫に感じることもあると思います。

『年齢のせいだから仕方がない』と諦めていませんか?

 

確かに、加齢によるものかもしれませんが、違う可能性もあります。

もしかすると、それは病気かもしれません・・・。

 

目の衰えは病気?!

視力低下の原因の一つに加齢が挙げられます。

そのため、50代になると少なからず年齢の影響が出てしまうのは事実。

 

ですが、加齢だけでなくもしかすると病気が原因であなたの目がみえなくなったり霞んでいるのかもしれません。

考えられる病気として以下のものがあります。

  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜剥離

 

それぞれが一体どんな病気となっているのかを確認してみましょう。

 

病気①白内障

目の病気として最も知られていると思います。

白内障は加齢によって起こりやすく40代では実に30%の人が患っていると言われています。

 

つまり、50代になると更にその割合が増えることを意味しています。

なんでも、80代ではほとんどの人が白内障になってしまういます。

よっしー
90歳になる私のおばあちゃんも、白内障になっていました。

 

白内障の原因は加齢が大半を占めており、一度発症すると元に戻すのは不可能と言われています。

治療をする場合は手術をして、濁ってしまった水晶体を取り除き人工のレンズを入れるという治療法となります。

 

そのため、予防につとめ症状の進行を遅らせることが何よりも大切なのです。

 

病気②緑内障

徐々に視野が迫っていく病気となっています。

40代後半から50代にかけて発症するケースが多くなっています。

 

緑内障は眼圧が上がることで、視神経に異常が出てしまうのですが、圧力が上がりすぎると視神経が切れてしまい、最悪の場合は失明に繋がる恐ろしい病気となっています。

よっしー
視野が狭くなると交通事故の確率も上昇するので、放ってはおけません!

 

症状が軽い場合は薬物療法で治療が行われます。

 

病気③加齢黄斑変性症

視野の中心部が暗く見えづらかったり歪んで見える場合は加齢黄斑変性症にかかっている可能性が高いです。

これは、加齢に伴い黄斑部に異変が起きてしまう病気で、病気が進行するとともに視力低下も引き起こしてしまいます。

 

ただし、この加齢黄斑変性症の場合は日常生活が原因の事が多いので、日頃から注意するようにしましょう!

よっしー
喫煙は絶対にNGですよ!

 

病気④網膜剥離

網膜が剥がれてしまう恐ろしい病気。

加齢により、眼の硝子体の一部がゲル状になり網膜が引っ張られることで剥がれてしまうのです。

 

また、剥がれずに網膜に孔が空く場合は網膜裂孔と呼ばれる病気となります。

もし、飛蚊症などが起きている場合は網膜剥離などに鳴っている可能性があるので、一度眼科で検査をすることをおすすめします。

 

そして、網膜剥離は50代を境に発症率が高くなるので、注意が必要です。

 

目が見えない・目がかすむ根本的な原因とは?

50代を境にして目のトラブルが起こる場合は病気が原因と先程お伝えしました。

ですが、注目スべきは『なぜ、病気のなったのか』という部分になります。

 

そもそも、根本的な原因を知っておけば、症状の進行を遅らせることが出来ると共に予防にも繋がります。

 

原因1:目の酷使

日頃からスマホやパソコンを長時間取り扱っている場合は要注意です。

画面からブルーライドと呼ばれる有害な光がでており、これが目の疲労につながるのです。

 

また、体内リズムを狂わせることも研究から分かっており、寝る直前に光を見つめてしまうと、睡眠の質が低下してしまうことに。

睡眠の質が低下すると、長時間眠ったとしても、疲れが抜けないことにまります。

 

よっしー
つまり、ブルーライトで疲労した目の疲れが取れないままどんどん蓄積していくということに成ります。

 

その状態が続いてしまうと、目の病気にも成りやすくなってしまいます。

 

原因2:栄養不足

目は体の一部なので、当然ながら栄養素を必要としています。

ファーストフード中心や、偏った食事などを続けていると栄養不足になってしまいます。

 

特にビタミン群が不足してしまうと、トラブルを招きやすく鳴ってしまうことに。

 

積極的に摂取しておきたいのは以下のビタミン。

  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ビタミンC

 

ビタミンA

ビタミンAをは夜盲症などにも効果的で光を感じ取るために必要な栄養素となっています。

 

ビタミンB

厳密なことを言うと、ビタミンBには数多くの種類があります。

ですが、どれもまとめて摂取することが望ましいです・・・でもそれは、難しいですよね。

 

目の疲れを感じたときには、ビタミンB1、視神経の働きを整えるためにはビタミンB12などを摂取すると効果的と言われています。

 

ビタミンC

抗酸化作用のあるビタミンC。

水晶体に多くビタミンCは含まれています。

 

なので、ビタミンCが不足すると水晶体のビタミンCが不足してしまい、働きに異常が出てしまうことに。

また、ビタミンCは活性酸素から目を守る働きもあるので、不足すると目がダメージを受けやすい状態になっていまします。

 

原因3:喫煙

『喫煙は関係あるの?』と疑問に感じているかもしれませんね。

実は、喫煙をすると体内のビタミンを大量に消費してしまうのです。

 

先程もお伝えしたように、体内のビタミン不足は目のトラブルを招きやすくなります。

よっしー
喫煙はビタミンCを大量に消費すると言われています!

 

本当に目のことを考えるならば、少しは控えるように心がけると良いかもしれませんね。

 

対策方法はある?

『目が見えない・・・』

『目がかすむ・・・』

こういったじょうたいになってから対策をと流人は多いですが、目は他の期間と異なり、一度症状を発症すると改善するのが難しい器官となっています。

 

そのため、予防に務めるのが一番です。

とはいえ、既に症状が起きてしまっている場合でも、諦める必要はありません。

 

なぜなら、対策を取ることで症状の進行を遅らせることが可能なのです。

 

具体的にどういった対策を取るのが良いのかというと、先程おつたえした原因を解決するよう、日頃の食生活や過ごし方に注意するのがよいでしょう。

また、目のトラブルに効果的と言われるアントシアニンを摂取するのも良いかもしれません。

 

最近では、アントシアニンよりも効果的と言われるルテインという成分があります。

ルテインは摂取することで、目を有害な光から守ってくれる作用があり、疲労軽減などに効果的とされています。

よっしー
疲労が取れれば、視界がクリアになることに繋がりますよね!

 

そして、ルテインの中で一番高品質なフリー体ルテインを豊富に配合しているルテインサプリメントがありました。

>>ルテインサプリについてはこちら!<<

 

50代目が見えないのまとめ

50代になると目の病気を発症しやすく、何も対策を取らないでいると、症状がどんどん進行していき、最悪の場合は室目になってしまうこともあります。

お子さんやお孫さんの元気な顔をしっかりと見つめてあげるためにも、日頃の食生活や過ごし方に気をつけるなどの対策をとるようんしましょう。

 

また、食事からだ摂取しづらいルテインなどの目のトラブル改善に効果的な栄養素をサプリなどから摂取するのも良いかもしれませんね。

ルテインを効果的に摂取するにはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です