ブルーライトが視力に影響はある?視力低下や視力回復は嘘なの?

ブルーライトが視力に影響はある?視力低下や視力回復は嘘なの?

誰しも視力低下はしたくないとお考えだと思います。

そのために、視力に悪影響を与えるものはできるだけで避けたいもの。

 

ですが、現代人の生活には、どうしてもブルーライトが溢れかえっています。

そして、そのブルーライトが視力に影響を及ぼすと言われており、視力低下すると言われている一方で視力回復にも繋がるとする声があったりと真逆の声があります。

 

ブルーライトってそもそも何?

ブルーライトが視力に影響はある?視力低下や視力回復は嘘なの?

ブルーライトとは、スマホやパソコン、テレビと言った画面から発せられる青い光のことです。

専門的な事を言うと、波長が短くなっており人が視認できる光の中でもっとも高いエネルギーを持っているのです。

 

ちなみに、ディスプレイだけでなく太陽光にもブルーライトは含まれています。

 

ディスプレイとは画面とイメージして頂ければ、大丈夫です。

身の回りにあるディスプレイは以下のものが有ります。

  • スマホ
  • 形態
  • パソコン
  • タブレット
  • 携帯ゲーム機
  • テレビ

細かいことを言うと他にもアリますが、身近なものは上記のものが有ります。

 

ちなみに、靭帯に紫外線は悪影響と言われていますが、紫外線に最も近くなっているのがブルーライトなのです。

 

ブルーライトは視力に影響を与えるって本当?

 

  • 『スマホのやり過ぎは視力低下につながる!』
  • 『画面飲み過ぎは目を悪くする!』

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

そう言われている理由の一つにブルーライトがあります。

このブルーライドが視力に影響を与えると言われているのです。

 

視力にどんな影響を与えるのか

ブルーライトが目に入ることで、網膜や角膜にダメージを与えることで目が疲れを感じやすくなるのです。

それだけでなく痛みの原因になることも。

 

そして、特に懸念されているのが、網膜の中心部位にある黄斑。

黄斑とは物体の見え方と密接な関係がある大切な部位なのですが、ブルーライトは黄斑にまで悪影響を及ぼすと言われています。

 

つまり、黄斑にブルーライトが届き、ものが見えづらくなるなどの影響がでることで視力低下に繋がると指摘されているのです。

 

睡眠にも影響がある

ブルーライトには体内時計とも関係があります。

というのも、ブルーライトを浴びることで体は朝と勘違いしてしまうのです。

 

なので、夜にブルーライトを浴びてしまうと、体は起きてしまい、寝付きが悪くなってしまったり睡眠の質が低下してしまいます。

 

そして、これが視力に悪影響なのです。

というのも、目は1日中働いており、疲れています。

 

本来ならば、十分な睡眠を取ることで疲れを解消出来るのですが、ブルーライトを浴びたことで睡眠の質が低下してしまい、疲れを取ることができなくなってしまいます。

そして、目の疲れが徐々に蓄積してしまい、眼精疲労に繋がったり、眼筋が凝り固まってしまうことでピント調整の能力が低下してしまい視力低下になってしまうのです。

 

ブルーライトを受けた目を視力回復するには?

ブルーライトが視力低下に繋がるということをお伝えしましたが、視力回復する方法はどうしたら良いのか。

手軽に取れる方法は、目の周囲を温めることです。

 

なぜ、温めるのか。

視力は目の周囲の筋肉が動くことで能力が決まっていますが、ブルーライトノ影響でダメージを受けると眼筋が凝り固まってしまうのです。

 

凝り固まった筋肉をほぐす方法として、もっとも簡単に出来るのが、温めることなのです。

温めることで、血流を良くしてあげることで、凝り固まっていた眼筋の疲労物質などを除去し本来の力を取り戻すことに繋がります。

 

今では、蒸気アイマスクなどの便利グッズがお店で簡単に手に入るのでそういったグッズを活用していくのが良いでしょう。

もしくは、蒸しタオルを使い、眼の上に5分程乗せて温めてあげるのもおすすめです。

よっしー
小豆のちからというアイマスクはレンジで30秒程温めるだけで繰り返し200回ほど使えるのでおすすめです!

 

ただ、これはあくまで仮性近視などの症状が軽い段階での対処法となります。

申請近視まで症状が悪化してしまうと、手術したりオサート治療といった特別な治療を行っていくことが一般的な処置となります。

>>オサート治療とは

 

ブルーライトと視力のまとめ

今や身近に溢れかえっているブルーライト。

ブルーライトそのものを否定しているわけではありませんが、付き合い方を考えないとあなたの視力をどんどん奪っていく怖いものとなっています。

 

ブルーライトを浴びてしまうのは仕方がないことではありますが、私達が出来ることはその後の眼のケアとなります。

今回ご紹介した眼を暖める方法だけでなく、眼に効果的と言われている栄養の摂取をするのも大切です。

 

体のケアをするのは最終的に栄養素ですからね!

>>目が良くなる食べ物とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です