読書は視力低下に?視力回復もできる?

読書は視力低下に?視力回復もできる?

読書は気分を落ち着かせるだけでなく、知識を増やすためにも読書は有用ですね。

ですが、読書は視力低下に繋がると言われていますが、一体視力低下に繋がる原因とは一体何か。

 

視力低下に繋がると言われている一方で読書で視力回復も出来るとも言われていますが、本当に出来るのでしょうか。

 

 

読書は視力低下に繋がるというのは本当?

読書が趣味という方は大勢いらっしゃると思いますが、読書が視力低下に繋がると言われています。

勝手なイメージですが、本を読む人はメガネをしているイメージを持っている人もいらっしゃると思います。

 

また、現代は一昔前とはことなり、読書と言っても、紙の冊子タイプと電子書籍と2種類になりました。

どちらも一長一短がありますが、電子書籍は持ち運びの便利さが人気を集め、数多く普及しています。

 

ただ、どちらの読書であっても視力に影響を及ぼしてしまうと言われています。

 

読書が視力低下に繋がる原因とは?

本の場合

本を読むときには、暗い場所で読むことはできないので、必ず明かりを使って読むと思います。

ちなみに、明かりとは電気だけでなく太陽光も含みます。

 

そして、その時の光量が視力低下と関係があると言われているのです。

目には動向で光の量を調整し網膜という部分で光を感じているのですが、読書の時に光量が多すぎると動向をチヂコマせて、光の量を少なくします。

 

逆に暗い部分で読書をすると動向が光を集めるために大きく開きます。

そういった瞳孔の動きで目が疲れてしまうのです。

 

また、暗い場所だと文字にピントを合わせるのは明るい場所よりも大変なのでより目が疲れてしまい、そういった疲れが溜まっていくことで視力低下につながってしまいます。

よっしー
つまり、読書そのものではなく、光量の調整などに伴う目の疲れが原因となって視力低下になるということですね。

 

電子書籍

スマホの普及に合わせて電子書籍の普及率も高まっています。

電子書籍は本をたくさん持ち運ぶ必要がなく、充電さえあれば、イツでもどこでも購入することが出来るというメリットがあります。

 

スマホだけでなく、専用端末であっても、画面からはブルーライトが発せられており、このブルーライトが眼筋に負荷をかけて疲労しやすくなってしまい、ひどい場合は眼精疲労になってしまうのです。

それだけでなく、操作するときには、猫背になったり前かがみといった姿勢が悪化しやすいことも問題となっています。

 

また、電子書籍で読書をする場合には先程お伝えした光量に注意する筆頭が有ります。

具体的にいうと、画面の明るさです。

 

明るすぎても暗すぎても、目に負担を掛けてしまうので、うまく調整することで目の疲労おを防ぐことができます。

 

共通している原因

両方に共通している視力低下の原因があります。

それは1点を同じ距離で長時間観続けることです。

 

読書をしている間は文字と顔の距離が変わることはほとんどありませんが、その状態で文字を長時間見続けてしまうと、眼筋が凝り固まってしまいピント調整ができなくなってしまうのです。

なぜなら、眼筋にかぎらず、筋肉というのは使いすぎても使わなさすぎても凝り固まってしまうのです。

 

使いすぎると疲労によって固まってしまいますし、使わないと血流が悪くなってしまうなどの理由で凝り固まってしまいます。

同じ距離の者を見つめ続けるというのは眼筋に動きがなくなってしまうので、凝り固まってしまうのです。

 

また、文字と顔との距離がチカすぎると、それだけで目への負担が大きくなってしまうことにも注意が必要です。

 

読書で視力回復は可能なの?

読書は視力低下につながると言われえいますが、中には視力回復を目的に作られている書籍があります。

視力トレーニングのプログラムが書かれいるものだったり、3Dの画像を観ることで眼筋を鍛えることで視力回復を狙っているものです。

 

そのため、いわゆる普通の書籍を読んでも視力回復するわけではありません・・・。

現在は数多くの視力回復系の書籍が販売されており、本だけでなく電子書籍でも探してみるのが良いでしょう。

 

また、視力回復を期待できる書籍はありますが、視力回復する読書の方法はありません・・・。

視力低下を防ぐ方法ならあるので、日頃の読書の時に気をつけて下さい。

 

読書で視力低下を防ぐためには?

読書で視力低下を防ぐための対策方法は至ってシンプルなものとなっています。

読書をするときには光量に気をつけて、適切な明るさにする。

 

そして、長時間の読書をする場合は定期的に数分の休みを挟んで目の疲れを軽減する。

 

読む場所に関しても、暗い場所だと、それだけで目の疲労につながってしまいますので、なるべく周りが明るい場所にするか、せめて手元だけは明るくしましょう。

暗い場所で電子書籍の明るさに頼って読書をするのはNGです!

 

読書と視力低下のまとめ

読書をすること自体は視力低下に繋がるのではなく、読書のしかたによって目の疲労が溜まってしまい、結果的に視力低下に繋がってしまいます。

読書による視力低下を防ぐためには、光量に気をつけたり、長時間同じ夜も続けない事が大切になります。

 

読書はあなたの世界を広げてくれる素晴らしいものなので、視力低下に気をつけながら楽しんでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です