眼精疲労の治し方!即効はツボがおすすめ?

眼精疲労の治し方!即効はツボがおすすめ?

眼精疲労になってしまうと、何かとつらいですよね。

ものを見るのが嫌になったり、外に出ただけで目がちかちかしたり・・・。

 

『眼精疲労を即効で治す方法はないの?』と感じている人も多いと思います。

なんでも、眼精疲労の治し方で即効性がるのはツボ押しと言われています。

 

一体何処のツボを押せばよいのか、そもそも本当に効果が有るのかについて見ていきましょう!

 

眼精疲労が辛い・・・

眼精疲労の治し方!即効はツボがおすすめ?

眼精疲労になってしまうと、日々の生活がとてもつらくなってしまいますよね。

酷い方ですと、自宅に帰ってからは『一度睡眠を取らないと活動できない・・・』なんてこともあると思います。

 

目が疲れてしまうと、それだけで全身の気力が落ちてしまい、何事に対してもやる気をうしなってしまい、活力がどんどん失われてしまいますよね。

眼精疲労になってしまうと、本当に厄介なので、日頃からならないように予防しておくことが大切です。

 

もし、あなたが現在、眼精疲労を感じていながらも、症状を放置していると大変なことになってしまうかもしれません・・・。

 

眼精疲労を放置していると?

眼精疲労は、目だけの症状だと思われがちですが、そうではありません。

実は、目の疲れが蓄積してしまうと、目以外の全身に不調が出てしまう恐ろしいものとなっています。

 

癌性疲労になると以下のような症状を発症する可能性があります。

  • 頭痛
  • 肩コリ
  • 過度のドライアイ
  • 吐き気
  • 胃痛
  • イライラ
  • 倦怠感
  • 軽度のうつ症状
  • 不眠
  • 集中力の低下
  • 肩コリ
よっしー
どれも、生活に支障をきたす、危険な症状ですよね。

 

人は目から多くの情報を取り入れているので、日頃から使いすぎてしまっていることが有ります。

そのため、しっかりとケアをしてあげないと上記のような症状につながってしまう可能性も有るので注意が必要です。

 

眼精疲労と鬱

『眼精疲労と鬱って関係あるの?!』と驚いてしまった方もいるかもしれません。

実は、目の不調は自律神経を乱す要因の一つとなってしまうのです。

 

というのも、現代社会は常に光があり、夜になっても、店舗などで明るい光を浴びますし、スマートフォンやテレビ・パソコンなどの光によって体内のリズムが乱れてしまいます。

また、ディスプレイから放出されている光は目の疲れの原因となっていて、寝る前に浴びてしまうと、睡眠の質を低下させると言われています。

 

普通、眼の疲れは一晩寝ている間に回復しますが、過度の光を浴びた目は疲れ切ってしまい、一晩寝ても疲れが残ったままとなっています。

その状態で次の日も、その次の日も繰り返し同じ生活をしていくことで、眼の疲れが蓄積してしまい、自律神経もみだれてしまうのです。

 

自律神経が乱れてしまうことで鬱になってしまうのです。

よっしー
目の疲れから鬱になるって想像しただけでも怖いですよね。

 

ツボ押しで治るの?

即効性のある眼精疲労の治し方としてツボ押しが効果的と言われています。

そもそもツボ押しで何故治るのか不思議に感じている人もいると思います。

 

ツボについて

ツボとは、神経の交差点の事を指しています。

ツボは東洋医学に分類されており、その起源は古代まで遡るとまで言われているほど、古くから伝わっている治療方法です。

 

ツボは”交差点”であるため、渋滞し易い場所でも有るのです。

通常時は流れがスムーズで特に何もありませんが、肉体的な・精神的な負荷が加わると神経の流れが悪くなってしまい、体に不調が起きてしまいます。

 

交差点が渋滞しないように、改善するために行われるのがツボ押しとなります。

つまり、眼精疲労で渋滞してしまったツボを押すことで改善できるとして、眼精疲労にツボ押しは効果的と言われているのです。

 

眼精疲労に聞くツボはここだ!

眼精疲労に効果的と言われているツボをご紹介していきますので、毎日押すようにしていきましょう!

 

清明

左右の目頭の上、やや鼻よりのところにあるくぼみです。

 

親指をっツボに当てて、くぼみの奥に指が入っていくようなイメージで押し上げるようにして押します。

清明はあらゆる眼精疲労に効果的なツボなので、ちょっと疲れた時にでも押すようにするのが良いでしょう。

 

瞳子髎

瞳子髎とは目尻から指幅1本分耳側に寄ったほねのくぼみです。

頬を包むようにして中指をツボに当てて、骨のキワを推すようにして下さい。

 

反対側の瞳子髎と同時に推すことで効果があるので、左右同時に行いましょう!

 

これらのツボが効果的な理由

目の周りには小さな筋肉がたくさん集まっており、眼を酷使することで凝り固まってしまいます。

その結果、目が霞んだり、チカチカするなどの諸症状が発症します。

 

この2つのツボは目の近くにあり、ツボを押して血流が良くなることで、目への影響が現れやすくなっています。

目の周りのツボの流れがよくなる=目の血流も結果的に良くなる。

 

こういったことに繋がるのです。

 

人の体にツボは膨大な数があるので、こ呼で紹介したツボ以外にも効果的な部位あります。

でも、ツボを沢山紹介しても、全部を押していくのは大変なので、数を絞ってしっかりと毎日押していけるようにするのが大切なのです。

 

ルボ押しのコツ

ツボを推す時に重要となるのが呼吸のリズム。

呼吸のリズムは以下の通り。

  • ツボを推す:息を吐きながら
  • 力を抜く時:息を吸う

 

またツボを推す時は急に力をギュッと入れるのではなく、少しずつ強くしていくようにしましょう。

急に力を入れると筋肉がびっくりしてしまい、体に余計な負荷を掛けてしまうことに。

よっしー
息を吐いている時は副交感神経が優位になって全身の力が抜けるのでツボを押しやすくなるんです!

 

眼精疲労とツボのまとめ

今回は眼精疲労を即効の治し方としてツボ押しをご紹介しました。

ツボは古代から伝わっている歴史ある治療法となっているので、その効果は間違いありません。

 

大切なのは、毎日ツボを押し続けること、過剰に目への負担を掛けないように注意することです。

また、作業をする時は、1時間に1階でも休憩を摂りながら、ツボを推すなどの工夫をすることで、眼精疲労を予防したり改善することに繋がるでしょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です