視力回復の目薬で乱視に効果的なものはある?

視力回復の目薬で乱視に効果的なものはある?

『乱視が酷くてつらい・・・。』

このようなお悩みを抱えている人は多いと思います。

 

視力回復の目薬は乱視に効果があるのかどうか気になると思います。

乱視は何かと不都合が多いので、出来る限り治したいですよね。

 

なので、目薬が乱視に効果が有るのかどうかについて知っておきましょう!

 

乱視になると辛い・・・

視力低下は日常生活に支障をきたして何かと大変。

メガネをかければ良いですが、メガネを掛けると疲れてしまう体質の人も多いと思います。

 

コンタクトレンズを入れると、目が乾燥しますし、毎回毎回装着するのも面倒ですし・・・。

それに、乱視の場合はソフトコンタクトレンズは合わせづらくて不便極まりないですよね。

 

乱視は通常の視力低下とは異なるので、そういった事態になるのです。

 

よっしー
そもそも、乱視がどういった状態になっているのかについて確認しておきましょう。

 

乱視とはどんな状態なの?

 

乱視と一言で言っても、種類があります。

ですが、どれも共通しているのが目の屈折に異常が起きているのです。

 

目は角膜は縦と横でピントを調整しているのですが、角膜が変形したり、表面に凹凸が出来てしまう場合は正乱視

また、水晶体が歪んでいる場合は不正乱視となります。

 

乱視にナルト、縦軸と横軸で焦点がずれるため物体が歪んで見えてしまうのです。

 

よっしー
通常は縦か横に物体がぼやけて見えるのですが、酷い場合は斜めにずれることもアリます。

斜めの乱視は特に矯正しづらいと言われています。

 

次に、疑問が一つ出てくると思います。

そもそも、目薬は乱視に効果あるのでしょうか?

 

目薬は乱視に効果ある?

 

結論から先に言ってしまうと、目薬で乱視を治すことは出来ません・・・。

というのも、目薬では悪化してしまった目の屈折異常には効果は無いのです。

 

『じゃあ、乱視だと目薬を使うのは無駄なの?』と思われるかもしれません。

そうとも言い切れません。

 

というのも、乱視には直接効果が無くても乱視による眼精疲労といた2次症状に効果があります。

乱視の状態になると、物体を見るのに筋肉を酷使してしまい目が疲れてしまいます。

 

また、乱視になると目が乾燥しやすくなるので、症状を悪化させないためには水分を補給する必要があります。

目薬には水分やビタミンを補給する効果もあります。

 

よっしー
簡単にいうと目薬は乱視を治すことは出来ませんが、乱視による症状の悪化を防ぐことが出来る物となっています。
よっしー
そのため、乱視に効果的な目薬とは基本的にはピント調整を治すものや栄養となるビタミンを摂取出来るものとなっています。

 

乱視に効果的な目薬はこれ!

 

乱視を改善するための目薬で市販されているものの中で、おすすめの目薬は・・・。

ロート製薬から発売されている②種類です。

  1. Vロートプレミアム
  2. Vロートアクティブ

 

Vロートプレミアム

プレミアムの方はピント調整に効果的な目薬となっています。

日常で目が疲れてしまいぼやけてしまう時などに使うと効果的となっています。

 

ハードコンタクトレンズにも使うことが出来ますが、ソフトコンタクトレンズを着用している時は使うことが出来ませんので注意して下さい。

 

Vプレミアムロートアクティブ

眼疲労時に起こる視覚機能の低下に着目した“視覚機能再活性化処方”を採用した目薬となっています。

ビタミンAやネオスチグミンメチル硫酸塩などのが多數配合されていますので、瞳細胞に元気を取り戻すことを目的としている目薬となっています。

 

 

目薬と乱視のまとめ

目薬で乱視を直接治すことは出来ません。

ですが、乱視による眼精疲労などに効果を発揮するので症状の悪化を防ぐために活用することが出来るので、使うに越したことはありません。

 

そのため、目が乾燥して辛かったり、ドライアイになってしまっている人は、目薬を検討してみることをおすすめします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です