視力回復方法!0.01以下の場合はどうするの?

視力回復方法!0.01以下の場合はどうするの?

目が悪いと何かと不便な事が多いですよね。

  • 『メガネがなければ生活ができない・・・。』
  • 『コンタクトを毎日するのは手間だし、お金が掛かる!』

 

こういったお悩みをお持ちの方は多いと思います。

特に、視力が0.01以下になった場合は別の意味で見える景色が変わってきますよね。

 

ほとんど見えない、色がかろうじて判断できるときがある・・・。

実際、生活できないですよね。

 

そこで、 『視力0.01以下から回復したい!』と考えているあなたに向けて視力0.01以下の回復方法があるのかに付いてお伝えしていきます。

 

視力を回復したい!

視力回復方法!0.01以下の場合はどうするの?

『視力を回復したい!!』と考えている人は多いことでしょう。

昔は視力が良くても、ある時を境にして落ちてしまったと言う人は多いと思います。

 

視力が弱いと、物が見えないですしメガネやコンタクトがないと満足にものが見えないのって正直、ストレスになりますよね。

 

でも、視力を回復したいとは思っても様々な方法がありますよね。

  • 手術
  • マッサージ
  • サプリ
  • etc・・・

こういった方法があります。

ですが、手術などはお金が掛かりますし、少し怖いですよね。

 

とはいえ、そもそも視力が落ちる原因とは一体何なのでしょうか?

 

視力が落ちる原因は?

視力が落ちる原因は一体何なのでしょうか。

 

原因①目の周囲筋肉

視力は目の周囲の筋肉が凝り固まっていることが原因の場合が多いです。

いわゆる眼筋の硬化です。

 

物を観る時にはピント調整する時に眼筋が使われます。

ですが、日頃の生活週間によって固まってしまうことでものが見えづらくなってしまい視力低下に繋がります。

 

原因②酸素不足

『えっ?』と思われるかもしれませんが、酸素不足でも視力低下になってしまいます。

というのも、酸素不足になってしまうと筋肉が固まってしまうのです。

 

つまり、原因①でもお伝えしたように眼筋が硬化してしまうことに。

酸素を取り入れる手段はもちろん呼吸です。

 

しかし、現代人はスマホの普及もあり姿勢が悪くなりがち。

姿勢が悪くなってしまうと、呼吸が浅くなってしまい、酸素を十分に取り込むことができなくなってしまいます。

 

酸素は体中が必要としているため、取り組んだ酸素が不足していると眼まで届かないため眼球の酸素不足を引き起こしてしまいます。

 

0.01から視力回復できる?

視力0.01から回復することができるのか気になる所。

 

視力0.01は軸性近視に部類されます。

 

これは、眼軸や網膜が引き伸ばされている状態に。

網膜が引き伸ばされて網膜に穴があく「網膜裂孔」につながってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

視力0.01以下の場合は、普通の視力回復トレーニングでは難しいと言われています。

その中でも視力回復できるトレーニングとしてベイツメソッドがあります。

 

ベイツメソッドとは?

ベイツメソッドとは眼球周りの筋肉を柔らかくすることで視力の回復を狙うトレーニング方法となっています。

対象となる眼の筋肉とは・・・。

  1. 上斜筋
  2. 上直筋
  3. 内直筋
  4. 総腱輪
  5. 下斜筋
  6. 下直筋
  7. 外直筋

これらの筋肉となっています。

 

先程もお伝えしましたが、ピント調整するためには目の周囲の筋肉が重要で、筋肉が収縮することで対象にピントを合わせることが出来ます。

そのため、筋肉を柔らかくすることでピント調整する事が出来ます。

 

ベイツメソッドは5大基礎訓練が用意されており、それらを順番にこなしていくことで眼球周りの筋肉にアプローチしていくことになります。

トレーニングはどれも短時間で実践することが出来るので『本当に効果があるの?』と思われるかもしれませんが、多くの人が効果を実感しているので、最後の手段として実践してみるも良いかもしれませんね。

 

視力回復0.01以下のまとめ

視力が低下してしまうのは、眼球周りの筋肉が硬化してしまったり、酸素不足なども原因となっています。

普段の生活週間を見直すことも大切です。

 

視力が0.01以下になった場合、視力回復をするためにはベイツメソッドというトレーニング方法を活用するのが良いでしょう。

視力は悪くなったら元通りにならないと言われていますが、トレーニングのやり方やポイントを抑えておけば回復する見込みはあるので最後まで諦めずに取り組んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です